soundflower

感じた事や経験した事、日々の生活をなるべく素直に綴ります。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
OZ @ SHeLTeR
金曜日Rotary Motionに続き
土曜日のBeaty And The Beat、
そして月曜日のOZが終了した。
この3つのパーティーについて全てレポートしようとすると
あまりにも膨大な文章になってしまうので割愛する。
膨大な文章になってしまう…という事が
この3日間に起こった事の内容の濃さを表してると思って頂ければ幸いだ。

今回お話をしたかったのは月曜日のOZについて。
初めて経験した東京でのBeaty And The Beat後とあって
すでに満たされていた、パーティーを楽しみ切る事への欲求は
音楽への探求という好奇心へと姿を変え
文字通り期待と不安を抱えながらも
前進する糧としてSHeLTeRという類稀なるスペースを要する所へと誘ってくれた。

SHeLTeRは来る12日のアニバーサリーを控え
サウンド面でのメンテナンスを強化していた。
それが何を意味するのか…私は分かっているようで分かっていなかった。

私はSHeLTeRに出会ってから、DJをするという事に対し
ある意味では打ち砕かれた事があるような気がする。
誰が何を言うでも無く、SHeLTeRで音を聞く…という事自体が
新しい感覚や経験を私に与えた事は事実だ。

そしてそれはLondonのBrilliant CornersやBeaty And The Beatで体験した事と似ている。

事実今回Cedricと一緒に来ていたEvrenははっきりとこう言った。
「Londonで俺達にはBrilliant Cornersしかないけれど、日本で体験したパーティーはどれも
そのBrilliant Cornersの感覚に似ている。そしてSHeLTeRはその最たるものだ。」と。

サウンドは明らかにパワーアップしていた…それはマーク・レビンソンを導入する前の
Brilliant Cornersが導入後のBrilliant Cornersに変化を遂げる過程と
あまりにもそっくりだった。

そしてこれもまた言える事だが導入後のBrilliant Cornersが
音に対する細部への表現において一切の劣化を見せなかった事と同じく
SHeLTeRも元ある再現性の豊かさを維持していた。

Beaty And The BeatでのDJを終えた後に関わらず
全く疲労感を見せないCedricのDJはその空間の中で
また更に違った研ぎ澄まされ方をしていった。

SHeLTeRの持つBrilliant Cornersにも似たCoolなムード、
色合いがCedricのプレイをサイケデリックのみならずアーバンなテイストへと
変えていったのだ。

心地いい空間が続いたがその中で気づかされた事が数多くあった。
まずその高い再現性の中でBrilliant Cornersと同じくして現れる現象の一つとして
音楽を聴く上で普段は忘れがちな定位への意識
音を観る事が出来る感覚。
バンドの編成の位置が視覚を伴わず再現され認知出来るレベルの空間演出だ。
その中で分裂された一つ一つの音の細部へのこだわりに聴覚が反応する。
サイケデリックがサイケデリックたる所以とはただのエフェクティブなサウンドのみならず
複雑なリズムの構築とそのあまりにも突飛な発想やアイデアから生まれている事に気付くと
ふと踊っている足を止めたくなるくらいだった。
DJをしていても次の演目へと移行する事へのスムーズな繋ぎへのこだわりでは無く
その音の再現性を上げる為の工夫の一つとして、ぶつかった音と音の間にある細工を把握したくて
音量を下げたくなるのだ。
音のインパクトのみを求めるにはダンスミュージックは贅沢すぎるマジックを施している。
その事実に気付く。

唯一Brilliant Cornersとの相違を感じたのはデッドスペースの感覚。
どちらが…という優越ではなく、その音を中を外れていく感覚は少し違った物であった気がする。
環境が全く違うので当然の事なのだが、それもやはり新鮮であった。

たった一晩でそれだけの体験と自己認識の世界へと連れて行ってくれた
Cedric WooのDJと、Londonの空気感をそのダンスと雰囲気のみで伝えてくれた
Silvia Gin、Evren Kuzucuoğluに感謝する。

そしてこのパーティーへと誘ってくれたSHeLTeRの飛泥君、音響を司る溝口さん、
SHeLTeRを作った義男さんに感謝以上の尊敬の念をお伝えしたい。
ナイスなDJで俺とCedricのバランスを取ってくれたJitsumitsu君、ありがとう!

とにかく楽しく凄すぎた!!12日は桐生Level 5でリリース・パーティーがあるので
お祝いには駆けつけられないけど、都内に居る人はSHeLTeRのアニバーサリー、本当にMsut Checkです!








| 16:32 | 近況 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 16:32 | - | - | - |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://soundflower.jugem.jp/trackback/42
<< NEW | TOP | OLD>>